トップページ > シュート編 > アウトサイドキック

アウトサイドキック

アウトサイドキックとは

足の外側(クルブシの下あたり)で蹴るキック。

正面から横方向(蹴り足の外側)の範囲へボールを出すことができます。

強く蹴ることのできないキックではありますが、小さな動きで自分の向いている方向の横に蹴ることができるため、意表をつくことができます。

モーション自体がそんなにいらないので、相手もアウトサイドパスなどに、対応しようとすると、やはり一瞬反応が遅れてしまいます。

強く蹴ることのできないのでショートパス、稀に近距離のシュートなどで使われます。また、敵を背負いながらでも繰り出すことができるのでポストプレーなどでクサビのパスにも使われます

蹴り方

足のスナップで、飛ばした所に飛ばします。

強めで、精度をあげたければ、足首のスナップではなく、体重を乗せながら、
アウトサイドで蹴るのがよいでしょう。

 上の図は、足のスナップで。


 左の図は体重を乗せて。



色々まとめた動画のリンクを貼っておきます。
こちらのご参考下さい




| しっかり学べよ|
\__ ____/
    ∨  ||
   ∧,,∧ ||
   (-д-) 日 ∧∧
    | ノ囗  (´∀`) ウィー
    | 切|   ( ひ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
フットサル初心者入門

当サイトはリンクフリーです

Copyright (C) フットサル初心者入門 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system